2008年06月06日

バイオ燃料エタノールの増産 食糧の高騰と不足で暴動が…

【地球をどうしますか 環境2008】国境越え広がる食糧危機(2)―2008.6.2 産経ニュース

アルゼンチンやロシアなどの小麦生産国も相次ぎ輸出規制に乗り出した。世界の食糧在庫は過去30年で最低水準にあり、「国際機関も援助用の食糧を確保するのが困難」(シーラン氏)な状況にある。

米通商代表部(USTR)の新多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)農業交渉官のジョセフ・グラウバー氏は「みな自分たちを満たすことだけを考え、国が内向きになる危険が差し迫っている」と指摘する。世界貿易機関(WTO)交渉を通じ、輸出制限の撤回を促す意向だ。

経済力や資源のある国が食糧確保を目的に、輸出国と提携を結ぶ動きも水面下で進行している。例えば、有数の産油国で穀物の90%を輸入に頼るリビアは、原油と引き換えに、ウクライナから10万ヘクタールの農地を小麦の生産用に借りる契約を締結すべく交渉中だ。

中国も、中南米やアフリカの数カ国と農地の購入を交渉しているという。今後、食糧を軸にした新たなブロック化も進むだろう。

食糧の高騰と不足は各地で暴動などを誘発しているが、その“主犯”とされるのが米国のトウモロコシを原料としたバイオ燃料エタノールの増産だ。ブッシュ政権のバイオ燃料の目標生産量は今年が90億ガロンで、2022年までに360億ガロンに増やす。

その結果、今年は国内で生産されるトウモロコシの約23%、来年は約30%がエタノールに吸い込まれる。世界銀行は「04年から07年にかけ、世界のトウモロコシの年間増産分が米国のバイオ燃料の生産に向かった」と分析している。
-----------------------------------------------------
捨ててしまうような食料にはならないカスをバイオ燃料に利用するのならいいのですが、何で食べ物を燃料にするのでしょう。
食糧危機で飢え死にする人たちがいるというのに!

低消費電力・長寿命設計 業界No.1の省エネ
シャープ 13V型 AQUOS LC-13SX7 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
シャープ 13V型 AQUOS  LC-13SX7  地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ

小型テレビへのデジタル放送搭載の要望に応え、地上・BS・110度CSデジタルチューナー内蔵。
寝室でも使いやすく、毎朝の目覚まし時計としても♪
posted by suzusuzu at 16:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

国境越え広がる食糧危機―泥を食べ、飢えしのぐ

【地球をどうしますか 環境2008】国境越え広がる食糧危機―2008.6.2 産経ニュース

■泥を食べ、飢えしのぐ

中米ハイチの市場には、地べたに灰色のビスケットがいくつも並んでいる。「マッド(泥の)ケーキ」と呼ばれている。

布で濾(こ)した泥に油と砂糖をまぜ、日干ししてつくったものだ。もともと薬の代わりに使われてきた。しかし、昨年からコメや豆類など日用食料品が高騰し、西半球で最も貧しい国の生活を直撃している。人々は主食の代わりに、乾燥した泥の塊を食べて飢えをしのいでいる。

「The silent tsunami(沈黙する津波)」。国境を越えて広がる食糧危機をそう名付けて話題となった国連の世界食糧計画(WFP)のジョゼット・シーラン事務局長は、5月14日に米上院外交委員会で「マッドケーキすら値上がりしている」と証言した。

コメの世界価格は高騰を続けている。昨年12月に1トン当たり370ドルだったものが、今年4月には1100ドルを突破した。世界第2のコメの輸出国であるベトナムなどが、国内消費をまかなおうと輸出を制限したためだ。
----------------------------------------------------------
泥を食べ、飢えしのぐなんて、聞いただけで胸が締め付けられるよう苦しくなります。
私は大食いのタレントや番組を見ると腹が立ちます。地球上は何と不平等なんだろうと思います。

●「魔法びん保温」で省エネ象印 マイコン沸とう VE電気まほうびん (4.0L) CV-FX40-XA(ステンレス)
象印 マイコン沸とう VE電気まほうびん  (4.0L) CV-FX40-XA(ステンレス)

●優れた保温効果!消費電力もしっかり抑える!
●保温の温度設定が自由自在♪
●コードレスでも使用可!
posted by suzusuzu at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

リサイクル再考 高まる意識も…確立しないルート

【リサイクル再考】「古着」編(中)高まる意識も…確立しないルート―2008.5.28 産経ニュース

「1回洗濯しただけのような、きれいなものもどんどん入ってきますよ。昨年はやったものが今年出る、そんな感じです」

横浜市に本社を置く繊維リサイクル業「ナカノ」の秦野工場。所長の藤田修司さん(31)は、工場内にある衣料品を示しながら、こう話す。

この工場は、東京都や神奈川県などの自治体が収集した古着や布製品を130種類に分別し、梱包(こんぽう)するリサイクル工場。「捨てるのはしのびない」と、送料を自己負担して衣類を送ってくる人も多く、1カ月の処理量は約200トン、全国6工場では約1000トンに及ぶ。

同社のホームページの掲示板には、カーテン類の出し方や、ウールでないセーターの扱いなど、細かな質問がひっきりなしに舞い込み、リサイクル意識の高まりを感じさせる。

集められた衣類の5割はそのまま再利用されるが、国内で再び流通するのは、わずか数%。大半は東南アジア向けに輸出される。ハンカチやタオル、子供服、女性用肌着などはとても喜ばれるという。またリユースされない衣類はフィリピンの自社工場でカットし、工業用ぞうきん(ウエス)や、フェルト、軍手などに生まれ変わって再び日本に運ばれる。ここは衣類再生の“入り口”なのだ。

藤田さんは「不要になった衣料品が、この工場で分別され、新たな価値が生まれる。その瞬間が面白い」と笑顔を見せる。

しかし、衣料のリサイクル率は、缶やビン、古紙と比べて低い。原因として、リサイクルのルートが確立していないこと、また再生品としてのウエスは多種多様な繊維が混ざり合っているため、工場からの需要が少ないこと−などがある。

ウエス需要は、原油高で不織布が割高になったことから、やや盛り返しつつあるが、それでも国内で廃棄される衣料に見合う需要はない。また東南アジアで受け入れられるのはTシャツなど夏物衣料が中心で、冬物の綿入れのジャンパーなどのリサイクルは難しい。

中野聰恭(としやす)社長(63)は「衣料には誰でも思い入れがある。買うときには、いろいろ思い悩むし、タンスにしまうときには防虫処理をして大切に保管する。そんな品を簡単には捨てられないのは当たり前。だから適切な“出口”を探すのがわれわれの仕事」と胸を張る。そして、こう付け加えた。

「多くの衣料品を持つことは豊かさの象徴でした。でも、廃棄するのに困るようでは、やっぱり豊かな社会とは言えないと思いますよ」(村島有紀)
------------------------------------------------------------
世の中は本当にいびつですね。豊かな部分と貧しい部分が混在しています。豊かさをどこに求めるべきか、じっくり考えたいところです。

液晶テレビより省エネルギー
Victor(ビクター) デジタルハイビジョン ハイブリッド プロジェクションテレビ EXE(エグゼ) 70V型
Victor(ビクター) デジタルハイビジョン ハイブリッド プロジェクションテレビ EXE(エグゼ) 70V型

●圧倒的臨場感を再現するフルハイビジョンD-ILA素子採用。
●大画面に色彩感と奥行き感のある高精細映像を実現する映像知能新ジェネッサー搭載。
●ニュースやセリフを聞き取りやすくするきき楽搭載。
●デジタル映像や音声を高品位に伝送するHDMI端子を搭載。
posted by suzusuzu at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

リサイクル再考 大量生産、大量廃棄に疑問

【リサイクル再考】「古着」編(上)大量生産、大量廃棄に疑問―2008.5.27 産経ニュース

台風4号が関東を襲った20日、横浜駅に近い「かながわ県民センター」には、大雨にもかかわらず700人以上の女性たちが詰めかけていた。なかには旅行中と思われる大きなバッグを抱えた外国人の姿もある。

衣料のリサイクル市民団体「ファイバーリサイクルネットワーク(FRN)」が主催する「リサイクルきものフェア」だ。10年前から半年に1度開催し、今回が19回目になる。

集められた古着は着物3500点、帯1500点、端切れ小物2000点の合計約7000点。数百円から数千円、なかには数万円の値札が付く。商品はFRNの活動を知った全国の人たちから送られてくるほか、衣料リサイクル業者からも買い付けている。

運営委員長の黒柳市枝さん(70)は「ここ数年、“和”ブームが続いていて関心が高い。若い人に着物用語は通じませんが、着物のリサイクルを通じて、ものを大事にする文化を残したい」と語る。

FRNが活動を始めたのは平成4年。長年消費者運動にかかわってきた代表の服部孝子さん(76)らが、大量生産、大量消費、大量廃棄される衣料品の扱われ方に疑問を持ったことがきっかけだった。インターネット・オークションなどなかった時代。洋服の回収活動を始めると、タンスのなかに眠っていた洋服やハンカチなどが1年で450トンも集まった。「ブランド物のタオルやポロシャツなど、1度も使っていないものも多くありました」と服部さんは振り返る。

横浜市が17年から古布の回収を始めたことなどから、現在は古着物を専門に扱っている。アイロンをかけたり陰干しをしたり、一点一点手間をかけて着物を再生。メンバーには和裁、洋裁が得意な人も多く、着物の一部はスカートやバッグなどに生まれ変わる。

独立行政法人・中小企業基盤整備機構の推計によると、16年度に一般家庭から出た衣料品126万トンのうち、フリーマーケットやリサイクルショップ、ネットオークションなどリユースに回った衣料品は10・6%、集団回収などによってリサイクルに回った衣料は13・3%。残り76%はゴミとして処分されている。今のところ布類のリサイクルを進める法律はない。

買い替えの期間が短くなり、季節の変わり目ごとに大量に廃棄される衣類。リユースの取り組みは現在の衣料品の消費スタイルに疑問符を投げかけている。(村島有紀)
--------------------------------------------------------
タンスに眠っている古い着物たち。確かに、思い切ってリサイクルに回したほうがいいかも…。

アルカリ乾電池充電器U

その電池、まだまだ使えます。<br>お使いの単3、単4形のアルカリ乾電池を充電します。<br>乾電池の省エネに、有効活用です。<br>1度に4本充電できます。
posted by suzusuzu at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

エコカー送迎にマイカップ持参 環境にやさしい環境相会合

エコカー送迎にマイカップ持参 環境にやさしい環境相会合―2008.5.24 産経ニュース

大臣はエコカーで送迎、マイカップを持参で−。24日、神戸市で開幕したG8環境相会合で、環境省は会合運営で排出される二酸化炭素(CO2)やごみの量を削減するためさまざまな取り組みを展開している。同省は「環境相会合にふさわしい、環境に優しい会議」を目指している。

環境省は同会合で、さまざまなエコ対策を計画。来日した大臣らの送迎には、CO2を排出しない燃料電池自動車と、燃費効率のいいハイブリッド車を使用。関西国際空港−神戸間の片道約70キロで、燃料電池自動車を使うことで1台あたり約15キロのCO2を削減している。

また、参加者への連絡には電子メールを活用することで、同規模の国際会議で数十万枚が消費される紙の使用量を削減。飲料水はペットボトルではなく水さしで出すなどし、ごみ全体の減量にも努める。すでに各国の報道関係者らにも公共交通機関の利用や、「マイ箸(はし)」「マイカップ」の持参を呼びかけている。

さらに、こうした取り組みをしたうえでも排出が避けられないCO2を同省では約600トンと試算。このため、風や水力など自然エネルギーに投資することで同じ量のCO2削減につなげることも検討する。同省G8準備室は「ここまで徹底的に環境に配慮するG8会合は初めてでは。民間にもこうした取り組みが広がってほしい」としており、“エコ会議”の模範を世界に示せるか注目が集まる。
------------------------------------------------------
エコバッグやマイ箸、マイカップなどを用意するのも楽しいです♪
100円ショップなんかでかわいいのが揃います。
車もずっと軽自動車に乗っていますが、買い替えはCO2を排出しない燃料電池自動車にしようと思い、安く実用化されるまで我慢しようと思っています。

洗剤1/4、時間1/8で真っ白に☆省エネ洗濯機 ワンダーウォッシュ
省エネ洗濯機 ワンダーウォッシュ

●くるくる回すことで内部の圧力が上昇!繊維の汚れを洗い出す♪
●電気代不要で経済的!
●うるさい音がしないから夜間の洗濯もOK♪
●食べこぼしや泥汚れ、運動靴も短時間でキレイに☆
posted by suzusuzu at 14:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

CO2:熱電併給なら30年に10%減

CO2:熱電併給なら30年に10%減 IEA報告―2008年4月28日 毎日新聞 

地球温暖化防止のため、発電時に発生した熱を利用する「コージェネレーション」(熱電併給)の普及を各国に求める報告書を国際エネルギー機関(IEA)がまとめた。

各国の熱電併給による発電量の潜在能力も分析し、その量を確保できれば2030年の二酸化炭素(CO2)排出量を予想より10%以上減らすことが可能としている。7月に開かれる北海道洞爺湖サミットで報告される。

2030年の世界のCO2排出量は現在の1.5倍にあたる420億トンに急増すると推定されている。さまざまな方法による削減策が不可欠で、報告書は通常の大規模火力発電所で利用されていない排熱に着目。これを有効利用する熱電併給の整備が急務と指摘した。

しかし、現状の熱電併給は、日本が全発電容量の3%(870万キロワット)にとどまるなど、大半の先進国が10%以下と指摘。病院やホテルなどでも導入が可能と提言した。

G8(主要8カ国)各国と中国などの途上国5カ国で、15年に全発電容量の15%(4億3000万キロワット)、30年で24%(8億3000万キロワット)を確保する潜在能力があると分析した。

この目標を達成した場合、15年のCO2排出量は全排出量の4%に当たる1億7000万トン削減できるとし、30年では全排出量の10%以上の9億5000万トン減らせるとした。

一方、熱電併給を導入すると、今後20年間の発電量を現状の電力構成比率で増やす場合に比べ、発電投資額を7950億ドル減らせると推定した。

報告書について、経済産業省は「IEAはエネルギー効率向上のために多角的な分析を進めている。報告書を参考にしながら日本は何ができるのか検討したい」としている。【田中泰義】
------------------------------------------------------
ともかく、温暖化を阻止できることはどんどんやっていくべきだと思います。

断熱ミラー レースの日よけ 
断熱ミラー レースの日よけ 

断熱&目隠し! お洒落なレースのサンシェード。

・夏の暑い日よけ対策に欠かせないサンシェード。
レースの小花柄がエレガントに演出。

・レースの裏側には特殊な糸(異形ブライト糸)を編みこんでいるため、熱と光を乱反射させます。

・光の乱反射により、昼間はお部屋の中が丸見えにならずプライバシーをしっかりガード。ゴミ置場など、見せたくない場所の目隠しにも使え、犬小屋などの日除けにも最適です。

・ユニチカ「サラクール」使用。断熱効果率(約57%)、紫外線カット率(約93%)。
お部屋の温度上昇を抑え、冷房効率アップで省エネ対策に一役。
posted by suzusuzu at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

サクラ開花早まり、イチョウ落葉遅く

サクラ開花早まり、イチョウ落葉遅く…気象庁分析―2008年4月9日 毎日新聞

04年までの約50年間に、桜の開花時期が全国平均で4.2日早くなったことが、気象庁の分析で分かった。地球温暖化の影響とみられ、東京や名古屋など大都市部に限ると6.1日も早まっていた。

ツバキも開花が9.4日早まるなど、他の植物でも同様の現象が起きている。イチョウやカエデの色づきや落葉の時期は遅くなっており、温暖化の影響が身近な植物にも及んでいることが浮かんだ。

全国の気象台や測候所で花の開花時期などを観測している「生物季節観測」のデータ(1953〜04年)を基に分析した。

桜(ヒカンザクラ、ソメイヨシノ、エゾヤマザクラ、チシマザクラ)の開花時期は、全国82カ所の平均で4.2日早まった。

山形や水戸など中小規模の都市11カ所を選んで分析すると、早まった日数は平均2.8日で、6.1日の大都市部とは差があり、気象庁は「大都市部はヒートアイランド現象も加わっているためと思われる」と分析している。

他の植物でも同様の傾向があった。開花が早まった日数(全国平均)は、▽ツバキ9.4日▽タンポポ6日▽ノダフジ3.6日▽サルスベリ5.8日−−だった。イチョウの発芽も3.2日早まっていた。

秋の訪れも遅くなっている。イチョウは「落葉日」(葉の約80%以上が落ちた日)が平均5.4日遅くなり、「黄葉日」(葉の大部分が黄色に変わった日)は10.7日も遅れた。カエデも落葉日が9.1日、紅葉日が15.6日遅くなった。

気象庁によると、日本の気温は近年、100年当たり1.1度の割合で上昇しているといい、「開花時期や落葉時期の経年変化を分析すると、着実に温暖化が進んでいることは明らか。温暖化防止策をさらに進めていく必要がある」と指摘している。【樋岡徹也】
---------------------------------------------------
今年の夏もさぞ暑いのでしょう。年々温暖化が激しくなっていくようで…。

遮音・断熱カーテン2枚組 100×133
遮音・断熱カーテン2枚組 100×133

静かで快適な空間の演出をサポート!

・レースに極薄のウレタン樹脂を特殊コーティングする事で、室内外からの遮音効果を高めました。

・編み組織と特殊コーティング加工による3重構造が、優れた断熱性[断熱効果率約55%(赤外ランプ-90℃法)]を実現し、暑い日は部屋の温度上昇を抑え、寒い日は室内の温度を逃がさない効果を発揮。 エアコンなどの省エネ対策にも一役。
posted by suzusuzu at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

2割の工場でダイオキシン イタリアのチーズ汚染

2割の工場でダイオキシン イタリアのチーズ汚染―3/27 神戸新聞

【ローマ27日共同】
イタリアを代表する食品であるモッツァレラチーズのダイオキシン汚染問題で、イタリア保健省は26日、これまでに検査した製造工場のうち、約2割の工場の製品から基準値を超えるダイオキシンが検出されたことを明らかにした。

人体に有害なダイオキシンの汚染が想定より広範囲にわたっている恐れが出てきた。

保健省は、原料である水牛の乳を納入した可能性のある83の酪農場に出荷停止を命じた。

ダレーマ外相は、日本や韓国が同チーズの輸入停止などに踏み切ったことについて「過敏な反応」と冷静な対応を求めたが、欧州連合(EU)の広報担当者は、安全性が確認されなければ禁輸措置を取ると述べた。

保健省は、司法当局がダイオキシン汚染の捜査を始めたことを受け、南部カンパニア州にある130の製造工場のチーズや原料の乳を検査、うち25の工場の製品からEUの基準を超えるダイオキシンを検出した。

保健省はまた、汚染源は焼却された産業廃棄物などの灰とみられると説明。
-------------------------------------------------------
ゴミ問題はまた地球環境への大きな問題です。特に有害な産業廃棄物はもちろんですが、家庭から出る一般廃棄物も塵も積もれば山となって、地球を汚しに汚しているんですね!

除菌ウェットワイパー「マイ・クレール」30枚入×12パック
除菌ウェットワイパー「マイ・クレール」30枚入×12パック

●ノロウィルス・インフルエンザ・O-157対策に!
●厚生労働省認可!大手ファーストフードの厨房や学校給食会などで使用!
●食品添加物を原料としているので、とっても安心・安全。環境にも配慮♪
ダイオキシン発生原因といわれている塩素ガスを強力に吸収する包装フィルム(エコロセン100L)を使用。

また、不織布シートは天然繊維(パルプとレーヨン)100%で、ダイオキシン発生源と言われている塩ビ素材は一切使用していません。
posted by suzusuzu at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

待たれる電気自動車の実用化(2)

待たれる電気自動車の実用化のつづき

また、2001年に小泉総理の指示によって、2002年から2004年の3年間に一般公用車を優先的に低公害車に切り替えることとし、その中に電気自動車、ハイブリッドカーも含まれました。

また、2001年には環境省、経済産業省、国土交通省が低公害車の開発・普及を促進するため、「低公害車開発普及アクションプラン」を策定、2010年までに1000万台以上の電気自動車を含む低公害車の普及をめざすことになりました。

充電に際しては、家庭のコンセントが使えるために、新しくインフラを整備する必要がないというメリットもありますが、現段階の電池の能力では1回の充電で走れる距離が短いこと、充電に4〜8時間かかること、少量生産なので電池価格が高く、したがって車両価格も高いことなどの短所もあわせもっており、まだガソリン車に代わるだけのキャパシティーを持っていないのが現状です。

ただ、最近では高性能の電気自動車用リチウムイオン電池も開発されるなど、実用化に向けて研究開発が進められています。

炭火のような本物の暖かさ!新開発チタンセラミック スリムシーズヒーター
チタンセラミック スリムシーズヒーター

まだまだ寒い日も。つけたり消したり簡単!
●まるで炭火のような優しい暖かさに包まれる
●遠赤外線が体に浸透・吸収。芯からポカポカ!
●さらなる省エネ&クリーンエネルギーの次世代型
posted by suzusuzu at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

待たれる電気自動車の実用化

内燃機関で動力を得るガソリン車、ディーゼル車などから排出される二酸化炭素、チッソ酸化物などの有害物質が、地球温暖化や大気汚染の源として、社会問題となっています。

環境負荷の少ない車を開発することは、21世紀の環境にとっても、自動車メーカーにとっても重要な課題です。

電気自動車は、鉛電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池などの電池にたくわえた電気エネルギーを使って電動機で走行します。このため、走行中は排気ガスを出さず、エネルギー効率が高いことから、地球温暖化、大気汚染などといった地球環境への影響がガソリン車などと比べて大幅に減少します。

もちろん電気自動車を走らせる電気を起こす際に発電所で二酸化炭素を出すが、油井から車の走行まで(ウェル・トゥ・ホイール)の二酸化炭素排出量全体で比較しても、従来のエンジン車より、二酸化炭素の排出は低いといいます。

地球環境や都市問題、エネルギー問題を考えると、電気自動車への期待は大きく、環境省では1999年から2002年までの間に地方公共団体を通じて電気自動車を一般市民に貸し出し、モニター調査を行うなど、普及に向けた施策をとっています。(つづく)

ガソリンを節約♪ネオマジック「エコ」
ネオマジック「エコ」
●自動車やバイクのタンクに投入するだけ!!燃費が10%から25%もアップ、アップ!
●ガソリンだけではなく、灯油や軽油にも♪メンテナンス不要で、効果は半永久的に持続!
●夏のレジャーシーズンを前に、購入!たったの数千円で、大幅なコストダウンが実現!
posted by suzusuzu at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。