2008年06月02日

リサイクル再考 高まる意識も…確立しないルート

【リサイクル再考】「古着」編(中)高まる意識も…確立しないルート―2008.5.28 産経ニュース

「1回洗濯しただけのような、きれいなものもどんどん入ってきますよ。昨年はやったものが今年出る、そんな感じです」

横浜市に本社を置く繊維リサイクル業「ナカノ」の秦野工場。所長の藤田修司さん(31)は、工場内にある衣料品を示しながら、こう話す。

この工場は、東京都や神奈川県などの自治体が収集した古着や布製品を130種類に分別し、梱包(こんぽう)するリサイクル工場。「捨てるのはしのびない」と、送料を自己負担して衣類を送ってくる人も多く、1カ月の処理量は約200トン、全国6工場では約1000トンに及ぶ。

同社のホームページの掲示板には、カーテン類の出し方や、ウールでないセーターの扱いなど、細かな質問がひっきりなしに舞い込み、リサイクル意識の高まりを感じさせる。

集められた衣類の5割はそのまま再利用されるが、国内で再び流通するのは、わずか数%。大半は東南アジア向けに輸出される。ハンカチやタオル、子供服、女性用肌着などはとても喜ばれるという。またリユースされない衣類はフィリピンの自社工場でカットし、工業用ぞうきん(ウエス)や、フェルト、軍手などに生まれ変わって再び日本に運ばれる。ここは衣類再生の“入り口”なのだ。

藤田さんは「不要になった衣料品が、この工場で分別され、新たな価値が生まれる。その瞬間が面白い」と笑顔を見せる。

しかし、衣料のリサイクル率は、缶やビン、古紙と比べて低い。原因として、リサイクルのルートが確立していないこと、また再生品としてのウエスは多種多様な繊維が混ざり合っているため、工場からの需要が少ないこと−などがある。

ウエス需要は、原油高で不織布が割高になったことから、やや盛り返しつつあるが、それでも国内で廃棄される衣料に見合う需要はない。また東南アジアで受け入れられるのはTシャツなど夏物衣料が中心で、冬物の綿入れのジャンパーなどのリサイクルは難しい。

中野聰恭(としやす)社長(63)は「衣料には誰でも思い入れがある。買うときには、いろいろ思い悩むし、タンスにしまうときには防虫処理をして大切に保管する。そんな品を簡単には捨てられないのは当たり前。だから適切な“出口”を探すのがわれわれの仕事」と胸を張る。そして、こう付け加えた。

「多くの衣料品を持つことは豊かさの象徴でした。でも、廃棄するのに困るようでは、やっぱり豊かな社会とは言えないと思いますよ」(村島有紀)
------------------------------------------------------------
世の中は本当にいびつですね。豊かな部分と貧しい部分が混在しています。豊かさをどこに求めるべきか、じっくり考えたいところです。

液晶テレビより省エネルギー
Victor(ビクター) デジタルハイビジョン ハイブリッド プロジェクションテレビ EXE(エグゼ) 70V型
Victor(ビクター) デジタルハイビジョン ハイブリッド プロジェクションテレビ EXE(エグゼ) 70V型

●圧倒的臨場感を再現するフルハイビジョンD-ILA素子採用。
●大画面に色彩感と奥行き感のある高精細映像を実現する映像知能新ジェネッサー搭載。
●ニュースやセリフを聞き取りやすくするきき楽搭載。
●デジタル映像や音声を高品位に伝送するHDMI端子を搭載。
posted by suzusuzu at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98946258

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。