2008年04月10日

サクラ開花早まり、イチョウ落葉遅く

サクラ開花早まり、イチョウ落葉遅く…気象庁分析―2008年4月9日 毎日新聞

04年までの約50年間に、桜の開花時期が全国平均で4.2日早くなったことが、気象庁の分析で分かった。地球温暖化の影響とみられ、東京や名古屋など大都市部に限ると6.1日も早まっていた。

ツバキも開花が9.4日早まるなど、他の植物でも同様の現象が起きている。イチョウやカエデの色づきや落葉の時期は遅くなっており、温暖化の影響が身近な植物にも及んでいることが浮かんだ。

全国の気象台や測候所で花の開花時期などを観測している「生物季節観測」のデータ(1953〜04年)を基に分析した。

桜(ヒカンザクラ、ソメイヨシノ、エゾヤマザクラ、チシマザクラ)の開花時期は、全国82カ所の平均で4.2日早まった。

山形や水戸など中小規模の都市11カ所を選んで分析すると、早まった日数は平均2.8日で、6.1日の大都市部とは差があり、気象庁は「大都市部はヒートアイランド現象も加わっているためと思われる」と分析している。

他の植物でも同様の傾向があった。開花が早まった日数(全国平均)は、▽ツバキ9.4日▽タンポポ6日▽ノダフジ3.6日▽サルスベリ5.8日−−だった。イチョウの発芽も3.2日早まっていた。

秋の訪れも遅くなっている。イチョウは「落葉日」(葉の約80%以上が落ちた日)が平均5.4日遅くなり、「黄葉日」(葉の大部分が黄色に変わった日)は10.7日も遅れた。カエデも落葉日が9.1日、紅葉日が15.6日遅くなった。

気象庁によると、日本の気温は近年、100年当たり1.1度の割合で上昇しているといい、「開花時期や落葉時期の経年変化を分析すると、着実に温暖化が進んでいることは明らか。温暖化防止策をさらに進めていく必要がある」と指摘している。【樋岡徹也】
---------------------------------------------------
今年の夏もさぞ暑いのでしょう。年々温暖化が激しくなっていくようで…。

遮音・断熱カーテン2枚組 100×133
遮音・断熱カーテン2枚組 100×133

静かで快適な空間の演出をサポート!

・レースに極薄のウレタン樹脂を特殊コーティングする事で、室内外からの遮音効果を高めました。

・編み組織と特殊コーティング加工による3重構造が、優れた断熱性[断熱効果率約55%(赤外ランプ-90℃法)]を実現し、暑い日は部屋の温度上昇を抑え、寒い日は室内の温度を逃がさない効果を発揮。 エアコンなどの省エネ対策にも一役。
posted by suzusuzu at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92906424

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。