2008年02月28日

「地球最後の日」に備えて種子保存?!

「地球最後の日」に備えて種子保存の「箱船」、ノルウェーにきょう開設―【2月26日 AFP】

「地球最後の日」に備えて世界で最も重要な種子を保管するため北極の永久凍土層に設けられた「箱船」、「Svalbard Global Seed Vault(スバルバル世界種子貯蔵庫)」が26日、運営を開始する。

■450万種を保存可能

この施設は気候変動、戦争その他の天災、人災から生物多様性を守ることを目的に、世界作物多様財団(Global Crop Diversity Trust、GCDT)が中心となって、北極点(North Pole)からわずか1000キロに位置するノルウェー領スバルバル(Svalbard)諸島のスピッツベルゲン(Spitsbergen)島に建設した。

3つの巨大な保管室を有する同施設の建設費は600万ユーロ(約9億6000万円)。現在地球上に存在するとされる種類の2倍に当たる450万種の種子を保存できる。

開設式では、欧州委員会(European Commission)のジョゼ・マヌエル・バローゾ(Jose Manuel Barroso)委員長の立ち会いの下、ケニアの環境活動家でノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイ(Wangari Maathai)氏とノルウェーのイエンス・ストルテンベルグ(Jens Stoltenberg)首相がコメ数粒を保管室に収める。

現在、世界には20万種以上のコメや小麦が存在するが、病害虫、気候変動、人間活動などによりこの多様性は急速に減少しているという。

GCDTによると生物多様性は、作物の環境適応性、病気への免疫力、および栄養価を高め、水質や水量に左右されない収穫を可能にするために必要不可欠だ。
------------------------------------------------------------
さて、これはどうなんでしょう??
種子を保存できても、地球そのものはどうなるのか? 将来その種子を必要としたとき、地球は人類が生存できる環境にあるのか?
そもそも、人類が生き残っているのか?
人類の種も残しとく?

ヒートレス加湿機 W546×D374×H39



サイズ:W546×D374×H398mm質量:約10.5kg適用床面積:〜38畳用。タンク容量:5L×2個。消費電力(50HZ:60HZ):44:52W。運転音(50HZ:60HZ):強運転時:43:45DB。フィルター寿命1シーズン。加湿量:1.4L(1時間あたり)。フィルターは2枚使用しています。広い空間での長時間使用に最適です。ヒートレス式だから省エネ対策に。■永久凍土が適温維持

厳重な管理下に置かれたスバルバル貯蔵庫には、世界21か所の種子バンクに保管中の種子と同種の種子が保管される。追って、その他1300の種子バンクからも種子が提供される予定。施設内の温度は常にマイナス18度に保たれており、仮に冷凍システムが故障しても、永久凍土層のおかげでマイナス3.5度を上回ることは決してないという。

運営開始日の26日に保管される種子は約26万8000種。所有権は提供した国に残り、自然環境からその植物が失われた際には所有国が種子の返還を求めることができる。

ベルギーの約2倍の面積がありながら、人口わずか2300人のスバルバル諸島。作物が一切生育しないこの土地が、種子の保存に理想的な場所として選ばれたのは皮肉だ。
posted by suzusuzu at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。