2008年01月17日

バイオエタノールは遺伝子組み換え作物の在庫一掃セール!?

食べ物を燃やす ― 何かおかしい今のバイオ燃料(4)―2007年6月4日 経済アナリスト 森永 卓郎氏

冷静に見てみると、値上がりしたトウモロコシ、小麦、オレンジ、大豆はすべての米国の主力輸出農産物である。しかも、大豆や小麦については遺伝子組み換え作物がかなりの割合で使われている。

遺伝子組み換え作物は世界において食の安全という点で懸念が高まっており、日本も輸入していない。そこで、世界的に不人気な遺伝子組み換え作物を燃料の材料にして、需給をひっ迫させて価格を上げるために米国が日本に対してもバイオエタノールをすぐに売れと圧力をかけたとしか思えないのだ。

食べ物を燃やすな
証拠はないが、環境対策にこれほど無関心だった米国が急にバイオ燃料の普及にだけ本腰を入れる理由がそれ以外に思いつかない。

主要輸出農作物の価格が上がったうえに、遺伝子組み換え作物の在庫一掃セールまでできるのだ。これほど米国にとって都合のいいことはない。

日本政府がいまやるべきことは廃材やおがくずなどを材料としてバイオエタノールを生産する技術を1日でも早く完成させ、食べ物を燃料として燃やすなどというふざけた政策をやめさせることだ。

この政策は、わたしたちの家計に打撃を与えるだけではない。発展途上国ではこうした穀物類が生きる糧なのだ。それを燃やして値上がりさせ、自分たちだけがもうけようという考え方は断固拒否すべきではないか。
-----------------------------------------------------
同感です! アメリカの利己主義に屈してはいけないと思います!
政府もしっかりしてください!

レンジでECOお風呂用レンジで省エネ!お風呂の保温器

電子レンジで数分温め、お風呂に入れるだけで、お風呂のお湯を長時間保温し続けます。一度温めれば約4〜6時間ぬくもりが持続し経済的です。
posted by suzusuzu at 14:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと調べ物をしていて立ち寄りました。
日本は遺伝子組み替え食品の最大輸入国です。
(遺伝子組み換え 日本 最大輸入国で検索するといろいろ記事はみつかります)

温暖化防止、私も重要!って思って、今年のテーマにしています♪お互いエコライフがんばりましょう!
Posted by よっちゃん at 2008年02月01日 03:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79051557

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。