2008年01月15日

バイオ燃料 ガソリンより環境負荷は大?

食べ物を燃やす ― 何かおかしい今のバイオ燃料(2)―2007年6月4日 経済アナリスト 森永 卓郎氏

ガソリンより環境負荷は大?
日本でもガソリンにバイオエタノールを3%混合したバイオガソリンが先ごろ、販売開始された。通常のガソリンと同じ価格で販売されているが、実は政府が補助金を出して同じ価格にしているのだ。

バイオエタノールの生産コストはガソリンよりもっとかかる。

それでもバイオガソリンを売ろうというのは、環境に負荷をかけないとされているからだ。トウモロコシやさとうきびが育つ段階で二酸化炭素を吸収しているため、自動車燃料として燃やして二酸化炭素を排出しても差し引きゼロ、という理屈だ。京都議定書でも確かにバイオガソリンは二酸化炭素の排出量をゼロとしてカウントしている。

それが本当なら、わたしは税金を入れてでも普及させるべきだと思うが、その一方でこんな疑惑もあるのだ。

少なからぬ学者が、バイオエタノールを使ったガソリンは二酸化炭素の排出量をむしろ増やすと主張している。

経済産業省は二酸化炭素は減るというがその前提は現地生産である。つまり、現地のトウモロコシやサトウキビを使って現地でバイオエタノールを作る場合だ。

ところが、日本はフランスからバイオエタノールを輸入している。輸送のためには当然ながらエネルギーを使う。それを二酸化炭素で計算するとどうなるか。

まだ学問的な決着はついていないが、バイオエタノールを燃やす方が通常のガソリンを使うよりも数倍の二酸化炭素を放出する可能性があるという説もある。(つづく)
-------------------------------------------------
元々、食べ物を粗末にすることに抵抗があるのに加えて、何とバイオエタノールを燃やす方が通常のガソリンを使うよりも数倍の二酸化炭素を放出する可能性があるという説もあるなんて!

差し引きゼロにならないじゃないか! と、叫びたい!

洗剤1/4、時間1/8で真っ白に☆省エネ洗濯機 ワンダーウォッシュ
省エネ洗濯機 ワンダーウォッシュ

●くるくる回すことで内部の圧力が上昇!繊維の汚れを洗い出す♪
●電気代不要で経済的!
●うるさい音がしないから夜間の洗濯もOK♪
●食べこぼしや泥汚れ、運動靴も短時間でキレイに☆

posted by suzusuzu at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78635578

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。