2008年01月12日

果物や野菜への影響が心配

■地球温暖化の今──果物や野菜への影響

地球温暖化によって地球の温度が上がり続ければ、私たちの食物となる果物や野菜への影響も考えなくてはなりません。1度や2度の温度差というと、人間にとっては、上着を一枚脱ぐか着るかという程度の差ですが、植物の成長にとっては大きな問題なんですね。

(独)農業・生物系特定産業技術研究機構果樹研究所の研究によると、北海道から沖縄まで広範囲で作られる稲と異なり、たとえば、果樹の場合、リンゴが東北や長野、ミカンが関東から南の太平洋沿岸部とその適地が限られているため、温度変化への適応能力が低いと考えられるのだそうです。

日本各地の気候変化を推定すると、2060年代までに平均で10年に0.37度も気温が上昇するといいます。もし本当にそうなれば、2060年にはリンゴは北海道あたりが産地になるだろうし、ミカンの場合も2040年代までに関東平野が適地となって、2060年代になると九州から静岡の沿岸部は暑すぎて栽培に適さなくなるそうです。

対策としては少しでも高所のところで栽培するとか、色づきのいい品種を植えるなどが考えられるといいます。

ちなみに、これから先仮に二酸化炭素の排出量が減少したとしても、100年先までは気温の上昇は止められないそうです。

何だか、絶望的な気分に襲われそうですが、ただ手をこまねいていても仕様がありません。エコアクションの努力をすべきだと思います。

マスタークリップエコ1環境

エコロジーというテーマを積極的に考えた素材集です。環境・資源保護や省エネなど様々な具体的標題をイメージで収録しています。
posted by suzusuzu at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77963584

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。