2008年01月11日

過去100年間に、地球の温度は?そして、100年後の日本は?

■地球温暖化の歴史──過去100年間に、地球の温度はどのくらい上がったのか?

そもそも地球温暖化がはじまったのは、1750年頃から。
産業革命以降、急速に二酸化炭素濃度が高まっているんですね。石油や石炭などの化石燃料を大量消費し、森林を伐採しつづけたツケがまわってきたわけです。産業革命前と比べると、2000年には二酸化炭素の濃度は、約1.3倍になっているそうです。

地球温暖化についての調査を行っている国際組織IPCCの2001年の報告によると、19世紀末以降、地球の平均気温は、0.3〜0.6度上昇したといいます。このままだと今から約100年後の2100年には、現在よりも気温は1.4〜5.8度高くなり、海面は9〜88センチ上昇するそうです。

ところで日本はどうなっているのかというと、過去100年に約1度気温が上昇しているそうです。地球平均では0.6度なのでそれより上回る結果です。また都市部では2度も上昇しているそうです。温暖化に伴い、降水量も過去100年で5パーセント減少。100年後の日本では、4〜5度気温が上昇するといいます。

四季のある美しい日本の様子が変わってしまうかもしれません…。

財布にも地球にも優しい『エコソケット』 ハイグレードタイプ
『エコソケット』 ハイグレードタイプ
●2000CC以上/12Vの車、全てに対応のハイグレードダイプ☆
●愛車のシガーソケットにこれを付けるだけで、燃費、エンジン・電気系統のパワーがアップ!女性の方でもOK!
●燃費が平均10から30%UP!
posted by suzusuzu at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77797541

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。