2008年01月07日

温室効果ガスの排出量を大幅に削減しないと、地球上の4分の1の生物が絶滅する!

★「地球温暖化」とは?
イギリスのリーズ大学のクリス・トーマス教授が中心となって行われた地球温暖化に関する研究によると、温室効果ガスの排出量を大幅に削減しないと、地球上の4分の1の生物が絶滅するそうです!

この研究の対象となったのは、南アフリカ、ブラジル、ヨーロッパ、オーストラリア、メキシコ、コスタリカに生息する植物、ほ乳類、鳥類、は虫類、両生類、昆虫類の1103種。もちろん地球温暖化に適応できる生物もいるけれど、急速な温度変化についていけない生物が絶滅の危機に立たされているといいます。

★「温室効果ガス」とは?
これは二酸化炭素だけじゃなくて、メタン、亜酸化窒素などの大気中のガスのこと。そもそも、私たち生物が地球という天体で生きていけるのは、これらのガスが、太陽の熱で暖まった地表から放出される赤外線エネルギーを吸収することで、地球を暖かくしてくれるから。だから、これらのガスが元凶なのではなくて、実は生物の生存にとって必要不可欠なものなのだそうです。

★なぜ地球温暖化を抑制するために、二酸化炭素を減らさなくちゃいけないのか? 
それは、人間の生産活動が活発になればなるほど、排出される二酸化炭素などの温室効果ガスが必要以上に増えてしまっているから。
また、自然界には存在しない、六フッ化硫黄やフロンの代替物であるハイドロフルオロカーボンやパーフルオロカーボンなどの温室効果ガスがどんどん大気中に排出されてしまい、ますます地球が熱くなっていて、これが地球温暖化現象といわれるもの。

地球温暖化にSTOPをかけることは、1103種の生物を助けるだけじゃなく、私たち人間の種の存続にも関わっていることを忘れてはいけないということです。

 ごみの分別に不可欠のアイデア道具3点セットです。
posted by suzusuzu at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。