2008年09月01日

東京都が家庭での太陽熱量を買い取り

東京都が家庭での太陽熱量を買い取り 地球温暖化防止に向け、全国初―2008.8.31 産経ニュース

地球温暖化対策に取り組む東京都は平成21年度から、暖房や給湯器で太陽熱を活用する家庭が使用した熱量に環境価値をつけて買い取る「グリーン熱証書制度」を全国で初めて導入する。

太陽熱機器を設置する家庭に対して20万円程度の補助を行う方針も固め、家庭内の温室効果ガスの削減を促進する。また、都の条例で二酸化炭素(CO2)の排出量削減が義務づけられた大規模事業所が都の買い取った環境価値を購入し、削減目標を達成できる態勢作りも目指す。

グリーン熱証書制度は、CO2を排出する化石燃料や電力などのエネルギーに代わり、太陽熱の利用で節約できたエネルギー量に「環境価値」をつけ、都が金額に換算して家庭から買い取る制度。環境価値は認証機関が算定する。

都によると、都内のCO2排出量のうち家庭から出るのは全体の4分の1。エネルギー需要の半分は暖房と給湯で、いずれも数度〜数十度程度の低温熱需要。

夏場で60〜70度、冬場で30〜40度の熱供給を期待できる太陽熱はこうした低温熱需要に合致。太陽熱を取り込む機器が普及すれば、CO2削減が可能になることからも制度導入を決めた。

対象となるのは太陽熱温水器、ソーラーシステムなどだが、設置費用を含めると約30万円〜約100万円と高価で、都内での太陽熱を利用する機器の設置住宅は「全体の1%」(総務省)。

このため、都では来年度からソーラーシステムなどを設置した家庭に3〜20万円程度の補助を開始。22年度までに4万世帯での普及を目指すことにした。

また、都では、大規模事業所にCO2の排出量削減を義務づけた条例で、設定した削減目標を達成できない事業所が不足分を補填(ほてん)できるよう、都が家庭から買い取ったグリーン熱証書を企業に販売する方針を決めた。家庭だけでなく、都全体での地球温暖化対策の仕組み作りを本格稼働させる狙いだ。
-----------------------------------------------
なかなかいい取り決めです。耐震強度の対策にしても何にしても、いいのは分かっていても費用がかかるのが問題なんです。
全国でも補助してほしいですね。

洗剤1/4、時間1/8で真っ白に☆省エネ洗濯機 ワンダーウォッシュ
省エネ洗濯機 ワンダーウォッシュ

●くるくる回すことで内部の圧力が上昇!繊維の汚れを洗い出す♪
●電気代不要で経済的!
●うるさい音がしないから夜間の洗濯もOK♪
●食べこぼしや泥汚れ、運動靴も短時間でキレイに☆
posted by suzusuzu at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105841191

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。