2008年06月25日

全国初のCO2削減条例成立へ 東京都

全国初のCO2削減条例成立へ 東京都―2008.6.25 産経ニュース

大規模事業所などに二酸化炭素(CO2)の排出量削減を義務づけた東京都の環境確保条例の改正案が25日午後の都議会本会議で、賛成多数で可決される。大規模事業所に対するCO2の排出量削減義務化は全国初。都は、平成22年度から排出量の削減義務化を開始する方針だ。

排出量削減が義務づけられるのは、原油換算で年1500キロリットル以上のエネルギーを使う大規模事業所約1300カ所。平成32年度までに、平成17年度〜19年度の平均排出量より15〜20%の削減を求める方針だ。

設定された削減義務率を履行できない事業所は、義務づけられた削減目標以上に排出量を削減した別の事業所から、排出枠を購入することができる排出量取引制度を利用して、ノルマ達成を目指す。同制度を導入しても目標をクリアできない事業所に対して、都は措置命令を出し、それでも目標を達成できない事業所には50万円以下の罰金が科される。

CO2の排出量削減の義務化や排出量取引制度の導入をめぐっては、すでにEU諸国や米国などでは実施されているが、国内ではこれまで日本経団連からの異論などで導入されていなかった。
------------------------------------------------------
もっともっと全国的に取り組んでほしいものです!
豪雨や台風や異常気象が益々気になる昨今ですから。

電気保温ポットより省エネの電気ケトル


必要な分だけ素早く沸かします! 電気保温ポットより省エネの電気ケトル ハイパワーヒーターでスピード沸騰 0.5Lで約3分、1.7Lで約10分で沸騰 やかんより安全で安心
posted by suzusuzu at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。