2008年11月24日

クマゼミ東北、北陸にも? 温暖化で生息域拡大の可能性

クマゼミ東北、北陸にも? 温暖化で生息域拡大の可能性―2008.11.22 産経ニュース

関東南部が北限とされてきたクマゼミの生息域が東北南部や北陸に拡大している可能性のあることが、気象情報会社「ウェザーニューズ」(東京)の調査で分かった。同社は「地球温暖化の影響」と分析する。

クマゼミは国内最大級のセミで寒さに弱く、生息地は西日本と南西諸島が中心とされていた。

同社は今夏、市民モニターから「たくさんいる」「普通にいる」「まれだがいる」「いるような気がする」「いない」の5段階で情報を募り、約1800人から回答を得た。従来、生息域でないとみられていた福島県南部(報告2件)や新潟県(同4件)のほか、ボーダーラインの埼玉(22件)、栃木(8件)、山梨(7件)、群馬(4件)、茨城(同)、長野(2件)各県から「今年初めて確認した」「半世紀生きてきて初めて鳴き声を聞いた」などの報告が寄せられた。
----------------------------------------------------
じわじわと聞こえてくる温暖化の足音。不気味です…。

posted by suzusuzu at 11:17| Comment(46) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。