2008年07月11日

世界遺産の厳島神社 冠水が10倍に 温暖化の影響

世界遺産の厳島神社 冠水が10倍に 温暖化の影響―2008.7.11 産経ニュース

世界文化遺産の宮島・厳島神社(広島県廿日市市)が、地球温暖化の影響で、最近の7年間で、本殿と舞台などを結ぶ回廊の冠水がそれ以前の10倍に急増していることが環境省の委員会がまとめた「国内の温暖化の影響に関する報告」でわかった。1990年代は年平均で1回程度だったが、現在は年平均11回にも上っている。

厳島神社は平安時代末期の1168年に平清盛が造営した。潮が満ちると全体が海に浮かぶかのように見える構造で、独特の美しさで知られる。年に数回の冠水はあり、1990年代(平成2〜11年)の記録では、最大年に4回の冠水があり、平均は1・3回だった。床板のすき間から水を逃す構造で、昔から冠水することを前提にした対策はとられていた。

しかし、2000年代に入ってからは、01年(平成13年)に12回を記録したのをはじめ、04年(16年)は17回、06年(18年)には22回と急増し、年平均は11回になった。

この理由について岡山大理学部の塚本修教授(気象学)は、「海水温の上がったことによる海水面の上昇が一因」と分析する。昭和31年に約300センチだった広島湾の平均潮位は平成18年には約330センチに上昇するなど、瀬戸内海の平均潮位が50年で約30センチ上昇していることが影響しているという。
------------------------------------------------
冠水が10倍というのはすさまじい数字ですね。
いまだに、日本のいたるところで海岸を埋め立てていろんな施設を建設しようとしていますが、今後大丈夫なのだろうかと思ってしまいます。

財布にも地球にも優しい『エコソケット』 ハイグレードタイプ
『エコソケット』 ハイグレードタイプ
●2000CC以上/12Vの車、全てに対応のハイグレードダイプ☆
●愛車のシガーソケットにこれを付けるだけで、燃費、エンジン・電気系統のパワーがアップ!女性の方でもOK!
●燃費が平均10から30%UP!続きを読む
posted by suzusuzu at 14:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

CO2地下貯留へ初の規制案 米、実用に向け水質保護

CO2地下貯留へ初の規制案 米、実用に向け水質保護―2008.7.16 産経ニュース

米環境保護局(EPA)は15日、工場などから排出される二酸化炭素(CO2)を回収、深さ800メートル以上の地中に貯留し大気中への放出を食い止めることでCO2濃度を下げ、地球温暖化防止を進める計画に向けた連邦規制案を発表した。

むやみに貯留を進めた場合、CO2が地下水に溶け込み飲料水の水質劣化を招く恐れもあるため、予防措置として策定した。EPAによると、こうした連邦規制案は初めてで、米国におけるCO2回収・貯留計画の実用化への第1歩となる。

規制案にはCO2貯留施設の建設、管理基準などが盛り込まれており、EPAは120日の期間を設けて米国民の意見を募り、この間に公聴会も開催する。最終的に施行されれば、新規制に沿ってCO2の注入井が掘られるなどする見通し。(共同)
-----------------------------------------------------
地下貯留って、大丈夫なんでしょうかね?
何でもかんでも、臭いものにフタ式な気がして、後に問題が出てくるんじゃないかと心配にもなりますが…。

遮音・断熱カーテン2枚組 100×133
遮音・断熱カーテン2枚組 100×133

静かで快適な空間の演出をサポート!

・レースに極薄のウレタン樹脂を特殊コーティングする事で、室内外からの遮音効果を高めました。

・編み組織と特殊コーティング加工による3重構造が、優れた断熱性[断熱効果率約55%(赤外ランプ-90℃法)]を実現し、暑い日は部屋の温度上昇を抑え、寒い日は室内の温度を逃がさない効果を発揮。 エアコンなどの省エネ対策にも一役。
posted by suzusuzu at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

「太陽熱発電」 2012年に14倍の拡大予測

「太陽熱発電」 2012年に14倍の拡大予測―2008.7.23 産経ニュース

鏡で集めた太陽光の熱で蒸気を発生させて発電する「太陽熱発電」が、全世界で2012年に07年の14倍に当たる出力640万キロワットまで急拡大するとの予測を、米環境シンクタンクのアースポリシー研究所が22日、発表した。

太陽熱発電は1980年代に右肩上がりで伸びたが92−06年は横ばい。しかし地球温暖化への懸念やエネルギー価格高騰の影響で07年に計10万キロワットが増設され、がぜん注目を集めている。

同研究所によると、07年に米国で16年ぶりに大型発電所がネバダ州で建設されるなど、世界全体の太陽熱発電出力は約46万キロワットになった。

今後もカリフォルニア州を中心に米国内で約10基、スペインで20基以上の建設が計画され、この両国だけで12年までに、原発5基に相当する計560万キロワットの新規稼働が見込まれるという。(共同)
-------------------------------------------------------
連日猛暑が続き、まさに、この世は灼熱地獄。
その灼熱の太陽の熱を利用しない手はないでしょう。
世界に広がる砂漠地帯で太陽熱発電をしたらどうかという話も聞きました。人類の大切な食料である穀物を燃料にしてしまうお粗末より、ずっといいと思うのですが…。

ガソリンを節約♪ネオマジック「エコ」
ネオマジック「エコ」
●自動車やバイクのタンクに投入するだけ!!燃費が10%から25%もアップ、アップ!
●ガソリンだけではなく、灯油や軽油にも♪メンテナンス不要で、効果は半永久的に持続!
●夏のレジャーシーズンを前に、購入!たったの数千円で、大幅なコストダウンが実現!
posted by suzusuzu at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。