2008年03月12日

待たれる電気自動車の実用化

内燃機関で動力を得るガソリン車、ディーゼル車などから排出される二酸化炭素、チッソ酸化物などの有害物質が、地球温暖化や大気汚染の源として、社会問題となっています。

環境負荷の少ない車を開発することは、21世紀の環境にとっても、自動車メーカーにとっても重要な課題です。

電気自動車は、鉛電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池などの電池にたくわえた電気エネルギーを使って電動機で走行します。このため、走行中は排気ガスを出さず、エネルギー効率が高いことから、地球温暖化、大気汚染などといった地球環境への影響がガソリン車などと比べて大幅に減少します。

もちろん電気自動車を走らせる電気を起こす際に発電所で二酸化炭素を出すが、油井から車の走行まで(ウェル・トゥ・ホイール)の二酸化炭素排出量全体で比較しても、従来のエンジン車より、二酸化炭素の排出は低いといいます。

地球環境や都市問題、エネルギー問題を考えると、電気自動車への期待は大きく、環境省では1999年から2002年までの間に地方公共団体を通じて電気自動車を一般市民に貸し出し、モニター調査を行うなど、普及に向けた施策をとっています。(つづく)

ガソリンを節約♪ネオマジック「エコ」
ネオマジック「エコ」
●自動車やバイクのタンクに投入するだけ!!燃費が10%から25%もアップ、アップ!
●ガソリンだけではなく、灯油や軽油にも♪メンテナンス不要で、効果は半永久的に持続!
●夏のレジャーシーズンを前に、購入!たったの数千円で、大幅なコストダウンが実現!
posted by suzusuzu at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

待たれる電気自動車の実用化(2)

待たれる電気自動車の実用化のつづき

また、2001年に小泉総理の指示によって、2002年から2004年の3年間に一般公用車を優先的に低公害車に切り替えることとし、その中に電気自動車、ハイブリッドカーも含まれました。

また、2001年には環境省、経済産業省、国土交通省が低公害車の開発・普及を促進するため、「低公害車開発普及アクションプラン」を策定、2010年までに1000万台以上の電気自動車を含む低公害車の普及をめざすことになりました。

充電に際しては、家庭のコンセントが使えるために、新しくインフラを整備する必要がないというメリットもありますが、現段階の電池の能力では1回の充電で走れる距離が短いこと、充電に4〜8時間かかること、少量生産なので電池価格が高く、したがって車両価格も高いことなどの短所もあわせもっており、まだガソリン車に代わるだけのキャパシティーを持っていないのが現状です。

ただ、最近では高性能の電気自動車用リチウムイオン電池も開発されるなど、実用化に向けて研究開発が進められています。

炭火のような本物の暖かさ!新開発チタンセラミック スリムシーズヒーター
チタンセラミック スリムシーズヒーター

まだまだ寒い日も。つけたり消したり簡単!
●まるで炭火のような優しい暖かさに包まれる
●遠赤外線が体に浸透・吸収。芯からポカポカ!
●さらなる省エネ&クリーンエネルギーの次世代型
posted by suzusuzu at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

2割の工場でダイオキシン イタリアのチーズ汚染

2割の工場でダイオキシン イタリアのチーズ汚染―3/27 神戸新聞

【ローマ27日共同】
イタリアを代表する食品であるモッツァレラチーズのダイオキシン汚染問題で、イタリア保健省は26日、これまでに検査した製造工場のうち、約2割の工場の製品から基準値を超えるダイオキシンが検出されたことを明らかにした。

人体に有害なダイオキシンの汚染が想定より広範囲にわたっている恐れが出てきた。

保健省は、原料である水牛の乳を納入した可能性のある83の酪農場に出荷停止を命じた。

ダレーマ外相は、日本や韓国が同チーズの輸入停止などに踏み切ったことについて「過敏な反応」と冷静な対応を求めたが、欧州連合(EU)の広報担当者は、安全性が確認されなければ禁輸措置を取ると述べた。

保健省は、司法当局がダイオキシン汚染の捜査を始めたことを受け、南部カンパニア州にある130の製造工場のチーズや原料の乳を検査、うち25の工場の製品からEUの基準を超えるダイオキシンを検出した。

保健省はまた、汚染源は焼却された産業廃棄物などの灰とみられると説明。
-------------------------------------------------------
ゴミ問題はまた地球環境への大きな問題です。特に有害な産業廃棄物はもちろんですが、家庭から出る一般廃棄物も塵も積もれば山となって、地球を汚しに汚しているんですね!

除菌ウェットワイパー「マイ・クレール」30枚入×12パック
除菌ウェットワイパー「マイ・クレール」30枚入×12パック

●ノロウィルス・インフルエンザ・O-157対策に!
●厚生労働省認可!大手ファーストフードの厨房や学校給食会などで使用!
●食品添加物を原料としているので、とっても安心・安全。環境にも配慮♪
ダイオキシン発生原因といわれている塩素ガスを強力に吸収する包装フィルム(エコロセン100L)を使用。

また、不織布シートは天然繊維(パルプとレーヨン)100%で、ダイオキシン発生源と言われている塩ビ素材は一切使用していません。
posted by suzusuzu at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。